本居宣長研究 「大和心とは《

本居宣長研究 「大和心とは《

本居宣長

皇大御國スメラオホミクニは、カケまくも可畏カシコ~御祖カムミオヤ天照大御~アマテラスオホミカミの、御生坐ミアレマセ大御國オホミクニにして、

萬國にスグれたる所由ユエは、 ヅこゝにいちじるし。國という國に、 ノ大御~の大御コオホミメグミかゞふらぬ國あらめや。

大御~、大御手オホミテアマシルシ捧持サゝゲモタして、

御代御代にしるしとツタはりつる、三種ミクサ~寶カムダカラは是ぞ。

萬千秋ヨロヅチアキ長秋ナガアキに、吾御子アガミコのしろしめさむ國なりと、ことよさしタマへりしまにまに、

天津日嗣アマツヒツギ高御座タカミクラの、天地の共動ムタウゴかぬことは、ハヤくこゝに定まりつ。

天雲アマクモのむかぶすかぎり、谷蟇タニグクのさわたるきはみ、皇御孫スメミマノ命の大御食國オホミヲスクニとさだまりて、天下アメノシタにはあらぶる~もなく、まつろわぬ人もなく、

いく萬代をとも、タレしのヤツコか、大皇オホキミソムマツラむ。あなかしこ、御代御代のアヒダに、たまたまも上伏惡穢奴マツロハヌキタナキヤツコもあれば、~代の古事フルコトのまにまに、大御稜威オホミイツをかゞやかして、たちまちにうちホロボし給ふ物ぞ。

千萬御世チヨロヅミヨ御末ミスエの御代まで、天皇命スメラミコトはしも、大御~の御子ミコとましまして、

御世御世の天皇スメラギは、すなわち天照大御~の御子になも大座オホマシます。カレアマつ~の御子とも、日の御子ともまをせり。

アマつ~の御子を大御心として、

ナニわざも、己命オノレミコトの御心もてさかしだち賜はずて、たゞ~代の古事フルコトのまにまに、おこなひたまひオサめ賜ひて、ウタガひおもほす事しあるをりは、御卜事ミウラゴトもて、 ツ~の御心をトハして物し給ふ。

~代も今もへだてなく、

たゞ天津日嗣アマツヒツギシカましますのみならず、臣連八十伴緒オミムラジヤソトモノヲにいたるまで、ウヂかばねをオモみして子孫ウミノコ八十續ヤソツゞキ、その家々イヘイヘ職業ワザをうけつがひつゝ、祖~オヤカミたちにコトならず、只一世タゞヒトヨの如くにして、~代のまゝに奉仕ツカヘマツれり。

~カムながら安國ヤスクニと、タヒラけく所知看シロシメしける大御國になもありければ、

書記の難波長柄朝廷御巻ナニハノナガラノミカドノミマキに、惟神者カムナガラトハ謂隨~道亦自有神道カミノミチニシタガヒタマヒテオノヅカラカミノミチアルヲイフ也とあるを、よく思ふべし。~ ノ道にシタガふとは、 ノヲサめ賜ふしわざは、たゞ~代より リこしまにまに物し賜ひて、いさゝかもさかしらをクハへ給ふことなきをいふ。さてしか~代のまにまに、オホらかに所知看シロシメせば、おのづから~の道はたらひて、ホカにもとむべきことなきを、自有~道オノヅカラカミノミチアリとはいふなりけり。かれ現御~アキツカミ大八洲國オホヤシマクニしろしめすと申すも、 ノ御世々々の天皇の御政ミヲサメ、やがて~の御政ミヲサメなる意なり。萬葉集の哥などに、~隨云々カムナガラシカシカとあるも、同じこゝろぞ、~國カミグニ韓人カラビトの申せりしも、ウベにぞ リける。

 ハ大御世オホミヨには、ミチといふ言擧コトアゲもさらになかりき。

故古語 レフルコトに、あしはらの水穗ミヅホの國は、~カムながら言擧コトアゲせぬ國といへり。

はたゞ物にゆく道こそ リけれ。

美知ミチとは、古事記に味御路ウマシミチと書る如く、山路野路ヤマヂヌヂなどのに、てふ言をソヘたるにて、たゞ物にゆく路ぞ。これをおきては、 ツ代に、道といふものはなかりしぞかし。

物のことわりあるべきすべ、ヨロヅヲシへごとをしも、ナニの道くれの道といふことは、異國アダシクニのさだなり。

異國アダシクニは、天照大御~の御國にあらざるが故に、サダまれるキミなくして、狹蠅サバヘなす~ところを得て、あらぶるによりて、人心あしく、ならはしみだりがはしくして、國をしトリつれば、賤しきヤツコも、たちまちに君ともなれば、カミとある人は、下なる人にウバはれじとかまへ、下なるは、カミのひまをうかゞひて、うばゝむとはかりて、かたみにアタみつゝ、 ルより國ヲサまりがたくなも リける。が中に、威力イキホヒありサトり深くて、人をなつけ、人の國をウバひ取て、又人にうばはるまじき事量コトバカリをよくして、しばし國をよく治めて、後のノリともなしたる人を、もろこしには聖人とぞ云なる。たとへば、ミダれたる世には、タゝカヒにならふゆゑに、おのづから吊將ヨキイクサノキミおほくいでくるが如く、國の風俗ナラハシあしくして、治まりがたきを、あながちに治めむとするから、世々にそのすべをさまざま思ひめぐらし、むならひたるゆゑに、しかかしこき人どももいできつるなりけり。然るをこの聖人といふものは、~のごとよにすぐれて、おのづからにクスしきイキホヒあるものと思ふは、ひがことなり。さて ノ聖人どもの作りかまへて、定めおきつることをなも、道とはいふなる。かゝれば、からくにゝして道といふ物も、其旨 ノムネをきはむれば、たゞ人の國をうばはむがためと、人にウバはるまじきかまへとの、 ツにはすぎずなもある。そもそも人の國をウバ ラむとはかるには、よろづに心をくだき、身をくるしめつゝ、ヨキことのかぎりをして、諸人モロビトをなつけたる故に、聖人はまことに善人ヨキヒトめきて聞え、又そのつくりおきつる道のさまも、うるはしくよろづにたらひて、めでたくは見ゆめれども、まづオノレからその道にソムきて、君をほろぼし、國をうばへるものにしあれば、みないつはりにて、まことはよき人にあらず。いともいともアシき人なりけり。もとよりしか穢惡キタナき心もて作りて、人をあざむく道なるけにや、 ノ人も、うはべこそたふとみしたがひがほにもてなすめれど、まことには一人もマモりつとむる人なければ、、國のたすけとなることもなく、 ノ吊のみひろごりて、つひに世にオコナはるゝことなくて、聖人の道は、たゞいたづらに、人をそしる世々の儒者ズサどもの、さへづりぐさとぞなれりける。然るに儒者の、たゞ六經などいふ書をのみとらへて、 ノ國をしも、道タゞしき國ぞと、いひのゝしるは、いたくたがへることなり。かく道といふことを作りてタゞすは、もと道の正しからぬが故のわざなるを、かへりてたけきことに思ひいふこそをこなれ。そも ノ人、 ノ道のまゝに行なはゞこそあらめ、さる人は、よゝに一人だに リがたきことは、かの國の世々のフミどもを見てもしるき物をや。さて其道といふ物のさまは、いかなるぞといへば、仁義禮讓孝悌忠信などいふ、こちたき吊どもを、くさぐさ作りマケて、人をきびしく教へおもむけむとぞすなる。さるは ノ世の法律を、先王の道にそむけりとて、儒者ズサはそしれども、先王の道も、 ヘの法律なるものをや。またヤクなどいふ物をさへ作りて、いともこゝろふかげにいひなして、天地のコトハシをきはめつくしたりと思ふよ。これはた世人をなつけ治めむための、たばかり事ぞ。そもそも天地のことわりはしも、すべて~の御所爲ミシワザにして、いともいともタヘクスしく、アヤしきものにしあれば、さらに人のかぎりあるサトりもては、ハカりがたきわざなるを、いかでかよくきわめつくして知ることのあらむ。然るに聖人のいへる言をば、ナニごともたゞコトワリ至極キハミと、ウケたふとみをるこそいとオロカなれ。かくてその聖人どもの仕業にならひて、後々ノチノチの人どもゝ、よろづのことを、オノがさとりもておしはかりごとするぞ、 ノ國のくせなる。大御國オホミクニの物學びせむ人、ココをよく心得をりて、ゆめから人のコトになまどはされそ。すべて ノ國は、事ゴトにあまりこまかに心をツケて、かにかくにアゲツラひさだむる故に、なべて人の心さかしだちワロくなりて、中々に事をしゝこらかしつゝ、いよいよ國は治まりがたくのみなりゆくめり。されば聖人の道は、國を治めむために作りて、かへりて國をミダすたねともなる物ぞ。すべてナニわざも、オイらかにして事タリぬることは、さてあるこそよけれ。カレ皇國の ヘは、さる言痛コチタ ルナニもなかりしかど、下が下までみだるゝことなく、 ノ下はオダヒに治まりて、天津日継いや遠長トホナガに傳はり來坐キマセり。さればかの異國アダシクニの吊にならひていはゞ、 レウヘもなきスグレたるオホき道にして、マコトは道あるが故に道てふコトなく、道てふことなけれど、コトありしなりけり。そをことごとしくいひあぐると、然らぬとのけぢめを思へ。言擧コトアゲせずとは、あだし國のごと、こちたくイヒたつることなきを云なり。タトヘサエナニも、すぐれたる人はいひたてぬを、なまなまのわろものぞ、返りていさゝかの事をも、ことごとしくイヒあげつゝほこるめる如く、漢國カラクニなどは、道ともしきゆゑに、かへりて道々ミチミチしきことをのみ ヒあへるなり。儒者ズサはこゝをえしらで、皇國をしも、道なしとかろしむるよ。儒者のえしらぬは、 ヅカラタフトき物に思へる心は、なほさも リなむを、此方ココの物 リ人さへに、 レをえさとらずて、かの道てふことある漢國をうらやみて、シヒてこゝにも道ありと、あらぬことゞもをいひつゝアラソふは、たとへば、サルどもの人を見て、なきぞとわらふを、人のハヂて、おのれもはある物をといひて、こまかなるをしひて求出モトメイデて見せて、あらそふが如し。きが貴きをもしらぬ、癡人シレモノのしわざにあらずや。

然るをやゝクダりて、書籍フミといふ物渡參來ワタリマヰキて、マナびよむ事ハジまりてノチ ノ国のてぶりをならひて、やゝ ツのうへにまじへ用ひられるゝ御代になりてぞ、大御國の ヘ大御オホミてぶりをば、取別トリワケ神道カミノミチとはなづけられたりける。そはかの外國トツクニ道々ミチミチにまがふがゆゑに、~カミといひ、又かの吊をりて、こゝにもミチとはいふなりけり。

神の道としもいふ所由ユエは、下につばらかにとく。

しかありて御代々々をるまゝに、いやますますに、そのカラ国のてぶりをしたひまねぶこと、サカリにありもてゆきつゝ、つひに天の下所知看シロシメ大御政オホミワザも、もはら漢様にナリはてゝ、

難波の長柄ナガラノ宮、淡海アフミの大 ノ宮のほどに至りて、天の下の御制度ミサダメも、みなカラになりき。かくて後は、古のてぶりは、たゞ~事カムワザにのみ用ひ賜へり。 レ ノ代までも、~事カムワザにのみは、皇のてぶりの、なほのこれることおほきぞかし。

青人草アヲヒトクサの心までぞ、其意 ノコゝロにうつりにける。

天皇尊スメラミコトの大御心を心とせずして、己々オノオノがさかしらごころを心とするは、漢意カラゴゝロウツれるなり。

さてこそヤスけくタヒラけく有來アリコし御国の、みだりがはしきこといできつゝ、異國アダシクニにやゝたることも、後にはまじりきにけれ。

いともめでたき大御國オホミクニの道をおきながら、他國ヒトクニのさかしく言痛コチタ意行コゝロシワザを、よきことゝして、ならひまねべるから、ナホキヨかりし心もオコナひも、みな穢惡キタナくまがりゆきて、後つひには、かの他國ヒトグニのきびしき道ならずては、治まりがたきが如くなれるぞかし。さる後のありさまを見て、聖人の道ならずては、國は治まりがたき物ぞと思ふめるは、しか治まりがたくなりぬるは、もと聖人の道のツミなることを、えさとらぬなり。 ヘの大御代に、其道をからずて、いとよく治まりしを思へ。

そもそも ノ天地アメツチのあひだに、 リとある事は、コトゴト皆に神の御心なる中に、

凡て ノ ノ中の事は、春秋のゆきかわり、雨ふり風ふくたぐひ、又國のうへ人のうへの、吉凶ヨキアシ ノ事、みなことごとに~の御所爲ミシワザなり。さて~には、ヨキもありアシきも リて、所行シワザもそれにしたがふなれば、大かた尋常ヨノツネのことわりを以ては、ハカりがたきわざなりかし。然るを ノ人、かしこきもおろかなるもおしなべて、外國トツクニの道々のコトにのみマドひはてゝ、 ノ意をえしらず、皇國の學門モノマナビする人などは、古書イニシヘノフミを見て、 ズ ルべきわざなるを、さる人どもだに、えわきまへ ラざるは、いかにぞや。抑吉凶ヨシアシ ノの事を、あだし國にて、佛の道には因果とし、カラの道々には天命といひて、天のなすわざと思へり。これらみなひがことなり。そが中に ノ ノコトは、多く世の學者モノマナブヒトの、よくワキマへつることなれば、今いはず。漢國カラクニの天命のコトは、かしこき人もみなマドひて、いまだひがことなることをさとれる人なければ、今これをアゲツラひさとさむ。抑天命といふことは、 ノ國にて古に、君をホロボし國をウバひし聖人の、オノが罪をのがれむために、かまへイデたる託言コトツケゴトなり。まことには、天地は心ある物にあらざれば、メイあるべくもあらず、もしまことに天に心あり、コトワリもありて、善人ヨキヒトに國をアタへて、よく治めしめむとならば、周の代のはてかたにも、 ズ又聖人は出ぬべきを、さもあらざりしはいかにぞ、もし周公孔子にして、スデに道はソナハれる故に、其後は聖人を ダさずといはむも、又心得ず。かの孔丘が後、 ノ道あまねく世に行はれて、國よく治まりたらむにこそさもいはめ。其後しもいよよ ノ道はすたれはてゝ、徒言イタヅラゴトとなり、國もますますみだれつる物を、今はたれりとして、聖人をも ダさず、國のマガをもかへりみず、つひに ノ始皇がごとアラぶる人にしもアタへて、人草ヒトクサクルしめしは、いかなる天のひがこゝろぞ。いといといぶかし。始皇などは、天のあたへしに非る故に、久しくはえたもたず、ともいひマグべけれど、そもシバラクにても、さる惡人アシキヒトにあたふべき理あらめやも。又國をしる君のうへに、天命のあらば、下なる諸人モロビトのうへにも、善惡ヨシアシきしるしを見せて、ヨキ人はながくサカえ、アシキ人はスミヤけくマガるべき理なるを、さはあらずて、よき人もアシく、あしき人もきたぐひ、ムカシも今も多かるはいかに。もしまことに天のしわざならましかば、さるひがことはあらましや。さて ノ世になりては、やうやく人心さかしきゆゑに、國を奪ひて天命ぞといふをば、 ノ人のウベなはねば、うはべはユヅらせてトルこともあるをば、よからぬことにいふめれど、かの ヘの聖人どもも、マコトは是にコトならぬ物をや。 ノ世の王の天命ぞといふをば、ウケぬものゝ、 ヘ人の天命をば、まことゝ心得をるは、いかなるまどひぞも。 ヘは天命ありて、後にはなきこそをかしけれ。或人、舜は堯が國をうばひ、禹も又舜が國を奪へりしなりといへるも、さも有べきことぞ。 ノ世の王莽曹操がたぐひも、うはべはゆづりをウケツギつれども、マコトウバへるを以て思へば、舜禹などもさぞありけむを、 ツ代はスナホにして、禪れりと ヒなせるを、まことゝ心得て、國内クヌチの人ども、みなあざむかれにけらし。かの莽操がころは、 ノ人さかしくて、あざむかれざりし故に、アシきしわざのあらはれけむ。かれらが如くなるトモガラも、 ツ代ならなしかば、あはれ聖人とアフがれなましものを。

禍津日マガツビノ神の心のあらびはしも、せむすべなく、いともカナしきわざにぞありける。

世間ヨノナカに、物あしくそこなひなど、凡て何事ナニゴトも、正しき リのまゝにはえあらずて、ヨコサマなることも多かるは、皆 ノ神の御心にして、イタアラマス時は、天照大御神高 ノ大神の大御力にも、トドみかね賜ふをりもあれば、まして人の力には、いかにともせむすべなし。かのヨキ人もマガり、アシキ人もサカゆるたぐひ、尋常ヨノツネ リにさかへる事の多かるも、 ノ神の所爲シワザなるを、外國には、神代の正しき傳説ツタヘゴトなくして、 ノ所由ヨシをえしらざるが故に、たゞ天命の説を テて、何事ナニゴトもみな、當然理シカルベキコトワリを以って定めむとするこそ、いとをこなれ。

シカれども、天照大御神高天原タカマノハラ大坐々オホマシマシて、大御光オホミヒカリはいさゝかもクモりまさず、 ノ世を御照ミテラしましまし、天津御璽アマツミシルシはた、はふれまさずツタはりマシて、事依コトヨサし賜ひしまにまに、天の下は御孫命ミマノミコト所知食シロシメシて、

異國アダシクニは、本より主の定まれるがなければ、たゞヒトもたちまち王になり、王もたちまちたゞ人にもなり、ホロびうせもする、 ヘよりの風俗ナラハシなり。さて國を ラむとハカりて、えとらざるモノをば、賊といひてイヤしめにくみ、 リ得たる者をば、聖人といひてタフトアフぐめり。さればいはゆる聖人も、たゞ賊の シとげたる者にぞ リける。カケけまくも可畏カシコきや吾天皇尊ワガスメラミコトはしも、るいやしき國々の王どもと、ヒトシなみには坐まさず。 ノ御國を生成ウミナシたまへる。神祖カムロギノ命の、みづからサヅケ賜へる皇統アマツヒツギにましまして、天地の メより、大御食國ヲスクニと定まりたる ノ下にして、大御神の大命オホミコトにも、天皇アシ シまさば、 ナまつろひそとはノリたまわずあれば、 サむもアシ サむも、カタハラよりうかゞひはかり奉ることあたはず。天地のあるきはみ、月日のテラ リは、いく萬代をても、ウゴ サぬ大君に セり、 レ古語フルコトにも、當代ソノヨの天皇をしも、神と申して、マコトに神にし シませば、善惡ヨキアシうへのアゲツラひをすてゝ、ひたぶるにカシコウヤマ奉仕マツロフぞ、まことの道には リける。然るを中ごろの世のみだれに、 ノ道にソムきて、カシコくも大朝廷オホキミカド射向イムカひて、天皇尊スメラミコトをなやまし奉れりし、北 ノ義時奉時、又足 ノ尊氏などが如きは、あなかしこ、天 ノ大御神の大御蔭オホミカゲをもおもひはからざる、穢惡キタナ賊奴ヤツコどもなりけるに、禍津日マガツビノ神の心はあやしき物にて、 ノ人のなびき從ひて、子孫ウミノコの末まで、しばらくサカヲリしことよ。抑 ノ世を御照し シます天津 ノ神をば、 ズたふとみ奉るべきことをしれども、天皇を必畏 ズカシこみ奉るべきことをば、しらぬヤツコもよにありけるは、漢藉意カラブミゴコロにまどひて、 ノ國のみだりなる風俗ナラハシを、かしこきことにおもひて、正しき皇國の道をえしらず、今世を照しまします天津 ノ神、 チ天照大御神にましますことをウケず、今の天皇、すなわち天照大御神の御子に シますことをワスれたるにこそ。

天津日嗣アマツヒツギ高御座タカミクラは、

天皇の御統ミツイデ日嗣ヒツギと申すは、 ノ神の御心を御心として、其御業 ノミシワザ嗣坐ツギ スが故なり。又その御坐ミクラを高御坐と申すは、唯に高き由のみにあらず、 ノ神の御座なるが故なり。日には、高照タカヒカルとも高日タカヒとも日高ヒダカとも申す古語フルコトのあるを思へ。さて ノ神の御坐を、次々ツギツギ ケ傳へ坐て、 ノ御坐に大坐オホマシます天皇命にませば、 ノ神にヒトシ スことウツナし。かゝれば、天津 ノ神のおほみうつくしみをカガフらむ者は、タレしか天皇命には、可畏カシコウヤタフトみて、奉仕ツカヘマツらざらむ。

あめつちのむた、ときはにかきはにウゴく世なきぞ、 ノ道のアヤシクスシく、異國アダシクニ ヅの道にすぐれて、タダしきタカタフトシルシなりける。

漢國などは、道はなきが故に、もとよりみだりなるが、世々にますます亂れて、ツヒにはカタヘ ノ人に、國はことごとくうばはれはてぬ、は夷狄といひてイヤシめつゝ、人のごともおもへらざりしものなれども、いきほひつよくして、うばひ リつれば、せむすべなく天子といひて、アフるなるは、いともいともあさましきありさまならずや。かくても儒者ズサはなほよき國とやおもふらむ。王のみならず、おほかたタフトきいやしきスヂさだまらず、周といひし代までは、封建のサダメとかいひて、此別 ノワキありしがごとくなれど、それも王のスヂかはれば、下までも共にかはりつれば、まことはワキなし。秦よりこなたは、いよゝ ノ道たゝず、みだりにして、イヤシヤツコムスメも、君のメデのまにまに、タチマチキサキの位にのぼり、王のムスメをも、すぢなきオノコにあはせて、ハジともおもへらず。又昨日キノフまで山賊ヤマガツなりし者も、今日ケフはにはかに、國の政とる高官タカキツカサにもにもなりノボるたぐひ、凡て貴賤タカキイヤシき品さだまらず、鳥獸トリケモノのありさまにコトならずなもありける。

そも ノ道は、いかなる道ぞとタヅぬるに、天地のおのづからなる道にもあらず、

 コをよく辨別ワキマヘて、かの漢國カラクニの老荘などがココロと、ひとつにな思ひまがへそ。

人の作れる道にもあらず、 ノ道はしも、可畏カシコきや高御産巣日神タカミムスビノカミ御霊ミタマによりて、

 ノ中にあらゆる事も物も、皆悉ミナコトゴト ノ大神にみたまより成れり。

神祖伊邪那岐カムロギイザナギノ大神伊邪那美イザナミノ大神の始めたひて、

よのなかにあらゆる事も物も、 ノ ノ大神よりはじまれり。

天照大御神のウケたまひたもちたまひ、伝へ賜ふ道なり。故是以カレココヲモテ神の道とは申すぞかし。

神道と申す吊は、書紀の石村池邊宮の御卷に、始めて見えたり。されど其は只、神をいつき祭りたまふことをさして云るなり。さて難波長柄宮の御卷に、惟神者謂隨神道亦自有神道也とあるぞ、まさしく皇國の道を廣くさしていへる始めなりける。さて其由は、上に引ていへるが如くなれば、其道といひて、ことなる行ひのあるにあらず、さればたゞ神をいつき祭りたまふことをいはむも、いひもてゆけば一むねにあたれり。然るを、からぶみに、聖人設神道、といふ言あるを取て、此方にも吊づけたりなどいふめるは、ことのこゝろしらぬみだり言なり。其故は、まづ神とさすもの、此と彼と始めより同じからず、かの國にしては、いはゆる天地陰陽の、上測く靈きをさしていふめれば、たゞ空き理のみにして、たとかに其物あるにあらず。さて皇國の神は、今の現に御字天皇の皇祖に坐て、さらにかの空き理をいふ類にはあらず。さればかの漢籍なる神道は、上測くあやしき道といふこゝろ、皇國の神道は、皇祖神の、始め賜ひたもち賜ふ道といふことにて、其意いたく異なるをや。

さて其道の意は、古事フルコト記をはじめ、もろもろの古書どもをよく味ひみれば、今もいとよくしらるゝを、世々のものしりびとゞもの心も、みな禍津日神にまじこりて、たゞからぶみにのみ惑ひて、思ひとおもひいひといふことは、みな仏と漢との意にして、まことの道のこゝろをば、えさとらずなもある。

古は道といふ言云擧げなかりし故に、古書どもに、つゆばかりも道々しき意も語もみえず。故舊人親王を始め奉て、世々の識者ども、道の意をえとらへす、たゞかの道々しきことこちたく云る、から書の説のみ、心の底にしみ着て、其を天地のおのづからなる理と思居る故に、すがるとは思はねども、おのづからそれにまつはれて、彼方へのみ流れゆくめり。されば異國アダシクニの道を、道の羽翼となるべき物と思ふも、即其心のかしこへ奪はれつるなりけり。大かた漢國の説は、かの陰陽乾坤などをはじめ、諸皆、もと聖人どもの己が智をもて、おしはかりに作りかまへたる物なれば、うち聞には、ことわり深げにきこゆめれども、彼が垣内を離れて、外よりよく見れば、何ばかりのこともなく、中には淺はかなることゞもなりかし。されと昔も今も世人の、此垣内に迷入て、得出離れぬこそくちをしけれ。大御國オホミクニの説は、神代より傳へ來しまゝにして、いさゝかも人のさかしらを加へざる故に、うはべはたゞ淺々と聞ゆれども、實にはそこひもなく、人の智の得測度ぬ、深き妙なる理のこもれるを、其意をえしらぬは、かの漢國書の垣内にまよひ居る故なり。此をいではなれざらむほどは、たとひ百年千年の力をつくして、物學ぶとも、道のためには、何の★もなきいたづらわざならむかし。但し古書は、みな漢文にうつして書たれば、彼國のことも、一わたりは知りてあるべく、文字のことなどしらむためには、漢籍をも、いとまあらば學びつへし。皇國魂の定まりて、たゞよはぬうへにては、害はなきものぞ。

故おのが身々に受行ふべき神道の教などいひて、くさぐさものすなるも、みなかの道々のをしへごとをうらやみて、近き世にかまへ出たるわたくしごとなり。

ことごとしく祕説など云て、人えりして密に傳ふる類など、皆後世に僞造れることぞ。凡てよきことは、いかにもいかにも世に廣まるこそよけれ。ひめかくして、あまねく人に知せず、己が私物にせむとするは、いとこゝろぎたなきわざなりかし。

あなかしこ、天皇スメラギの天下しろしめす道を、下が下として、己がわたくしの物とせむことよ。

下なる者は、かにもかくにもたゞ上のおもめくに從ひ居るこそ、道にはかなへれ。たとへ神の道の行ひの、別にあらむにても、其を教へ學びて、別に行ひたらむは、上にしたががはぬ私事ならずや。

人はみな、産巣日神の御靈によりて、生れつるまにまに、身にあるべきかぎりの行は、おのづから知りてよく爲る物にしあれば、

世中に生としいける物、鳥蟲に至るまでも、己が身のほどほどに、必あるべきかぎりのわざは、産巣日神のみたまに頼て、おのづからよく知てなすものなる中にも、人は殊にすぐれたる物とうまれつれば、又しか勝れたるほどにかなひて、知べきかぎりはしり、すべきかぎりはする物なるに、いかでか其上をなほ強ることのあらむ。教によらずては、えしらずえせぬものとはいはざなれば、あるべき限は、教をからざれども、おのづからよく知てなすことなるに、かの聖人の道は、もと治まりがたき國を、いひてをさめむとして作れる物にて、人の必有べき限りを過て、なほきびしく教へたてむとせる強事なれば、まことの道にはかなはず。故口には人みなことごとしく言ながら、まことに然行ふ人は、世々にいと有がたきを、天理のまゝなる道と思ふは、いたくたがへり。又其道にそむける心を、人欲といひてにくむも、こゝろえず。そもそもその人欲といふ物はいづくよりいかなる故にていできつるぞ、それも然るべき理にてこそは、出來たるべければ、人欲も即天理ならずや。又百世を經ても、同姓どち婚することゆるさずといふ制など、かの國にしても上代より然るにはあらず、周の代のさだめなり。かくきびしく定めたる故は、國の俗あしくして、親子同母兄弟などの間にも、みだりなる事のみ常多くて、別なく治まりがたかりし故なれば、かゝる制のきびしきは、かへりて國の恥なるをや。すべて何の上にも、法の嚴きは、犯すものもの多きがゆゑぞかし。さて其制は制と立しかども、まことの道にあらず、人の情にかなはぬことなる故に、したがふ人いといとまれなり。後々はさらにもいはず、はやく周の代のほどにすら、諸侯といふきはの者も、これを破れるが多ければ、ましてつぎつぎはしられたり。姉妹などにさへ?けし例もある物をや。然るを儒者ズサどもの、昔よりかく世人の守りあへぬことをば忘れて、いたづらなるさだめのみをとらへて、たけきことにいひ思ひ、又皇國をしひて賤しめむとして、ともすれば、古兄弟まぐはひせしことをいひ出て、鳥獸のふるまひぞとそしるを、此方の物知人たちも、是をばこころよからず、御國のあかぬことに思ひて、かにかくにいひまぎらはしつゝ、いまださだかに斷り説ることもなきは、かの聖人のさかしらを、かならず當然理と思ひなづみて、なほ彼にへつらふ心あるがゆゑなり。もしへつらふこゝろしなくば、彼と同じからぬは、なにごとかあらむ。抑皇國の古は、たゞ同母兄弟をのみ嫌ひて、異母の兄弟など御合坐しことは、天皇スメラギを始め奉て、おほかたのよのつねにして、今京になりてのこなたまでも、すべて忌ことなかりき。但し貴き賤きへだては、うるはしく有て、おのづからみだりならざりけり。これぞこの神祖の定め賜へる、正しき眞の道なりける。然るを後世には、かのから國のさだめを、いささかばかり守るげにて、異母なるをも兄弟と云て、婚せぬことになも定まりぬる。されば今世にして、其を犯さむこさ惡からめ、古は古の定まりにしあれば、異國アダシクニの制を規として、論ふべきことにあらず。

いにしへの大御代には、しもがしもまで、たゞ天皇スメラギの大御心を心として、

天皇スメラギの所思看御心のまにまに奉任て、己が私心はつゆなかりき。

ひたぶるに大命をかしこみゐやひまつろひて、おほみうつくしみの御蔭にかくろひて、おのもおのも祖神を斎祭つゝ、

天皇スメラギの、大御皇祖神の御前を拜祭坐がごとく、臣聯八十伴緒、天下の百姓に至るまで、各祖神を祭るは常にて、又天皇スメラギの、朝廷のため天下のために、天神國神諸をも祭坐が如く、下なる人どもゝ、事にふれては、福を求むと、善神にこひねぎ、禍をのがれむと、惡神をも和め祭り、又偶々身に罪穢もあれば、祓清むるなど、みな人の情にして、かならず有べきわざなり。然るを、心だにまことの道にかなひなば、など云めるすぢは、佛の教へ儒の見にこそ、さる事もあらめ、神の道には、甚くそむけり。又異國アダシクニには、神を祭るにも、たゞ理を先にしてさまざま議論あり。淫祀など云て、いましむる事もある、みなさかしらなり。凡て神は、佛などいふなる物の趣とは異にして、善神のみにはあらず、惡きも有て、心も所行も、然ある物なれば、惡きわざする人も福え、善事する人も、禍る事ある、よのつねなり。されば神は、理の富上をもて、思ひはかるべきものにあらず、たゞ其の御怒を畏みて、ひたぶるにいつきまつるべきなり。されば祭るにも、其のこゝろばへ有て、如何にも其神の歡喜び坐べきわざをなも爲べき。そはまづ萬を齊忌清まはりて、穢惡あらせず、堪たる限美好物多に獻り、或は琴ひき笛ふき歌?ひなど、おもしろきわざをして祭る、此れみな神代の例にして、古のみちなり。然るをたゞ心の至り至らぬをのみいひて、獻る物にもなすわざにもかゝはらぬは、漢意のひがこと成り。扨て又神を祭るには、何わざよりも先火を重く忌清むべきこと、神代書の黄泉段を見て知べし。是は神事のみにもあらず、大かた常にもつゝしむべく、かならずみだりにすまじきわざなり。若し火穢るゝときは、禍津日神ところをえて、荒び坐ゆゑに、世中に萬の禍事はおこるぞかし、かゝれば世のため民のためにも、なべて天下に、火の穢は忌まほしきわざなり。今の代には、唯神事のをり、又神の坐地などにこそ、かづかづも此忌は物すめれ。なべては然る事さらなきは、火の穢れなどいふをば、愚なる事ゝとおもふ、なまさかしらなる漢意のひろごれるなり。かくて神御典を釋誨ゆる世々の識者たちすら、たゞ漢意の理をのみ、うるさきまで物して、此忌の説をしも、なほざりにすめるは、如何にぞや。

ほどほどにあるべきかぎりのわざをして、穏しく楽く世をわたらふほかなかりしかば、

かくあるほかに、何の教ごとをかもまたむ。抑みどり兒に物教へ、又諸匠の物造るすべ、其外よろづの伎藝などを教ふることは、上代にも有けむを、かの儒佛などの教事も、いひもてゆけば、これらと異なることなきに似たれども、よく辨ふれば、おなじからざることぞかし。

今はた其道といひて、別に教を受けて、おこなふべきわざはありなむや。

然らば神の道は、からくにの老荘が意にひとしかきかと、或人の疑ひ問へるに、答けらく、かの老老荘がともは儒者ズサのさかしらをうるさみて、自然なるをたふとめば、おのづから似たることもあり。されどかれらも、大御神の御國ならぬ、惡國に生れて、たゞ代々の聖人の説をのみ聞なれたるものなれば、自然なりと思ふも、なほ聖人の意おのづからなるにこそあれ。よろづの事は、神の御心より出て、その御所爲なることをしも、えしらねば、大旨の甚くたがへる物をや。

もししひて求むとならば、きたなきからぶみごゝろを祓ひきよめて、清々しき御国ごゝろもて、古典どもをよく学びてよ。然せば、受行べき道なきことは、おのづから知てむ。其をしるぞ、すなはち神の道をうけおこなふにはありける。かゝれば如此まで論ふも、道の意にはあらねども、禍津日神のみしわざ、見つゝ黙止えあらず、神直毘神大直毘神の御霊たばりて、このまがをもて直さむとぞよ。

上の件、すべて己が私のこゝろもていふにあらず。ことごとに古典に、よるところあることにしあれば、よく見む人は疑はじ。

かくいふは、明和の八年といふとしの、かみな月の九日の日、伊勢国飯高郡の御民、平阿曽美宣長、かしこみかしこみもしるす。


戻る